T.ジョニーT.の雑記帳

興味の向くまま気の向くまま、コツコツやりたい事をやろう

iPhoneアプリをつくろう

我が家にはiMacが一台あります。

パソコンを買い換えるタイミングで、Windowsから乗り換えました。

それまでほぼMacなんて触った事なかったのですが、iPhoneアプリを開発するため、購入。

(どんなiPhoneアプリを開発したいかはまた別の機会に書くつもりです。)

バリバリ開発するぞ〜♫、と意気込んでみたものの、全くわけわかめ

そりゃ生まれてこのかたプログラミングなんてしたことないですから。

アプリ開発者レベルは1です。ドラクエで言えばスライムと互角レベル。

こりゃイカンと思ってコツコツ地道に勉強することにしました。

 

プログラミング言語「Swift」

f:id:goodpencil:20170719170714p:image

iPhoneアプリ開発のためにはXcodeと呼ばれるソフトが必要です。
またiPhoneアプリを動かすプログラミング言語Swiftと呼ばれています。(アマツバメの事らしい)

すごい能力を備えたトリさんらしいですが、私のiMacの中のSwiftは寝たまんまです…

近いうちに大空を自由に飛ばしてやるぞ!

 

しかし全くのズブのシロートがイチから独学で学ぶのは気が遠くなるので、参考図書を買って勉強する事にしました。

いくつか読んだ中でわかりやすかった2冊はこちら。

 👇

 

やさしくはじめるiPhoneアプリ作りの教科書

iPhoneアプリの作り方の基礎的な考えを理解するために最適な一冊!

カラフルなイラストと図解でわかりやすい。

やさしくはじめるiPhoneアプリ作りの教科書 【Swift 3&Xcode 8.2対応】 (教科書シリーズ)

 

詳細!Swift3 iPhoneアプリ開発入門ノート

Swiftのプログラミングの基礎から(私にとっては)ハイレベルなテクニックまでが掲載されている一冊。読めば読むほど、分かれば分かるほど面白い!

サンプルコードがダウンロードできます。

詳細! Swift 3 iPhoneアプリ開発 入門ノート Swift3 + Xcode 8対応

 

Playgroundであそぶ

 Playgroundとは、Xcodeに搭載されている、Swiftのコーディングの練習や実験ができる"遊び場"です。

実際自分で打ち込んでプログラミングの動きを確認できるので便利!

早速学んだ事をこんな感じで打ち込んでみました。

👇

 

f:id:goodpencil:20170720033555p:plain

 

左の白枠にコードを打ち込むと、右の灰色枠にその結果が即表示されます。

下の枠はprint()と打ち込むとそこに結果表示されます。

なんだかいっぱしのプログラマーになった気分。さほど理解できてませんが。

でもやってる感を出してテンションとモチベーションを上げるのって結構大事。

それに自分の打ち込んだプログラムが勝手に動くのは見ていて楽しいですし。

 

よーし、Playgroundでどんどん遊びまくるぞ〜!